SEOとhttps化・SSL対応

SSL対応(https化)とは?

SSL対応https化)とは、
「ホームページ」と「閲覧者のパソコン」(ブラウザ)間の通信を暗号化して、安全を守る仕組みです。

URLには、http で始まるものと、httpsで始まるものがあります。

http とは、通信のためのルール(言語)のことですが、
http は、暗号化のないルールであるため、悪意のある第三者によって容易に内容が盗まれたりします。
(たとえば、クレジットカードの名義やパスワードが盗聴されます)

SSL・httpsと安全性

httpsは、暗号化された通信のルール(言語)です。

悪意のある第三者がたとえ情報を盗んだとしても、
暗号文であるため、何が書かれているのかわかりません。

ホームページをhttps化することにより、個人情報の流出などを防ぎ、セキュリティーを強化できるのです。

これを、SSL対応といいます。

https化は、時代が要請する義務

自社が運営するホームページを閲覧したお客様の情報が盗まれ、悪用されたとしたら?

知らない間に大きな損失を、閲覧者が受けてしまったら?

それが、悪意のある第三者の仕業であったとしても、
あなたの会社のホームページがSSL対応(HTTPS対応)していないという要因(誘因)があったとしたら、
「弊社には責任がない」とは言えないでしょう。

お客様(自社ホームページの閲覧者)の安全を守る…
そのために、SSL対応は必須の時代になっています。

「SEO」とSSL対応(https化)の関係は?

ビジネスでホームページを運営する以上、
閲覧者との何らかの情報のやり取りは必須となります。

いくら「プライバシーポリシー」を掲げても、
ホームページをHTTPS化(SSL対応)していなければ「絵に描いた餅」となります。

SSL対応・非対応が、
SEO(検索上位化・集客)、ウェブマーケティングに、どのように影響を与えるか
を見て行きましょう。

https のブラウザ表示

まず、ブラウザ(Chrome、Firefox、Explorerなど)での表示のされ方が、http と https では違います。

ブラウザでのURL表示
画像の説明

【Firefoxでは…】

httpsの場合
Firefoxのhttps表示

http(SSLに対応していない場合)
Firefoxのhttp表示(SSL非対応の場合)

【Google Chromeでは…】

httpsの場合
Google Chromeのhttps表示

http(SSLに対応していない場合)
Google Chromeのhttp表示(SSL非対応の場合)

このように、SSL対応・非対応で、URL表示に差別化が施されています。

そして今後は、SSL非対応の場合、さらに、

今後のhttp表示(SSL非対応の場合)

のように、「警告」的な表示に変わって行くことが予定されています。

ホームページを閲覧しようとしたら、↑のような表示が出たとしたら、
「危ないサイトだ!」「このホームページ、やばいかも…」
と思うでしょう。

ブラウザ表示によってSSL非対応のホームページは…?

  • そのホームページを閲覧してくれる人が減る
  • そのホームページ運営企業の信用が下がる

ことになるのです。
もちろん、SEOにも大きな影響を与えます。

SEOにどう影響を与える?

SSL対応(https化)は、SEOにも影響します。

SEOとは、検索エンジン対策(検索で上位に表示させるための対策)のことですが、
Googleは、2014年8月に、「HTTPS をランキング シグナルに使用します」と発表。
SSL対応・非対応が検索順位の決定に影響を及ぼす

さらに、「このランキングの変更は、これから長い期間をかけて強化していきます」と明言しています。

つまり、SSLのSEOへの影響は、今はまだ過渡期の段階にあり、
たとえ今、SSL非対応のままである程度の順位を確保できていたとしても、
今後は確実に検索順位が下がって行くことになります。

SSLに対応していないホームページは…?

  • 今後、検索順位が大きく下がって行きます
  • 検索で上位表示できなくなります

SEOへの影響は、これから本格的に始まる、
と考えてください。

SSL対応で、SEO効果は上がる?

ですが、
SSL対応(https化)すればSEO的に有利になり、検索順位が上がるか?
というと、「そうではない」…というのが実際のところです。

米国のビジネスホームページの80%がすでにhttps化を済ませており、
日本においても、50~60%がhttps化しています。

SSL対応は、お客様・ホームページユーザーの安全を守るために「必須」となっていて、

  • ブラウザで、警告的な表示が始まる
  • 検索順位がますます下がる

ことを考えても、
SSL対応は、「SEOの大きなマイナス効果を避ける」「企業の信用を守る」うえでの前提条件となっている、とお考え下さい。

SEOでプラスの効果を生み出すためには、
「コンテンツSEO」や「ロングテールSEO」などの新時代のSEO対策が必要となります。

SSL対応

SSL対応(https化)の方法

SSL対応https化)の手順・SEO対策を見て行きましょう。

http から https への変更

http から https への変更を社内で行うには、ホームページ運用技術に詳しい担当者が社内にいて、サーバー管理等を自社で行っているなどの条件が必要となります。

多くの場合、ホームページ制作会社などに依頼することになると思いますが、
以下の手順を一読いただき、SSL対応の依頼先に作業内容を確認の上依頼して下さい。
(SEOに大きな影響がありますので、手順を守ることが大切です)

1. SSL証明書の購入とインストール

SSL証明書は、3種類あります。

  • ドメイン認証型
    ドメイン所有者の確認と、通信の暗号化を行う証明書
  • 実在証明型
    会社が実在することと、通信の暗号化を行う証明書(なりすましリスクを軽減できます)
  • EV証明書
    実在証明型よりもさらに厳格な証明書。認証に時間がかかります。

必要に応じて選択してください。

なお、エックスサーバーなど一部のサーバー会社の場合は、「無料」のSSL証明書を使うことができます。
ドメイン認証型のSSL証明書で、無料といっても安全性などの機能が落ちるわけではなく、SEO的にも全く問題ありません。
(ご利用のサーバー会社をご確認ください。SSL設定はとても簡単です)

&show(): File not found: "yajirusi2.png" at page "ssl-https";

2. URLのhttpsへの書き換え

URLを、httpsにすべて書き換えます。
このとき、以下のURLもすべて書き換えてください。

  • サイト内のすべてのページのURL
  • サイト内のリンク
  • スライドショーなどの画像URL

画像のURLなどにhttp が残っていると「https とhttp の混在」となり、ブラウザに警告が表示される場合があります。

ワードプレスの場合、たくさんのプラグインを組み込んでいると思いますので、プラグインのすべてを最新のものに入れ替えることをお勧めします。

&show(): File not found: "yajirusi2.png" at page "ssl-https";

3. http からhttpsへの301リダイレクト

httpのURLを見に来た人に、httpsを自動で表示させる仕組みを301リダイレクトといいます。

この仕組みによって、お客様の情報流出の危険を防げますし、
外部サイトやSNSなどのリンクなどのSEO効果を引き継ぐことができます。

サーバー内にある「.htaccess」ファイルの先頭に、以下を貼り付けます。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

自社で行う場合は、必ず「.htaccess」ファイルのバックアップを取ってから行ってください。
FTPソフト(FileZillaなど)をつかって、「.htaccess」ファイルをダウンロードして、別名で保存してバックアップします。

&show(): File not found: "yajirusi2.png" at page "ssl-https";

4. Googleサーチコンソール登録

サーチコンソール(Google Search Console)で、検索エンジンに正しい情報を伝えます。

グーグルアカウントが必要です。
 ↓
Google Search Console←をクリックして、
「今すぐ始める」(青ボタン)をクリック。

 ↓
グーグルアカウントを入力(メルアド、パスワード)します。
 ↓
httpsからはじまるURLを入力し「プロパティーを追加」をクリックします。
 ↓
「その他の確認方法」から「HTMLタグ」を選択し、
コードをコピーして、head内に追加します。

 ↓
「確認」をクリックし、「所有権が確認できました」と表示されればOK。

サーチコンソールは、「検索で閲覧されたワード」「新規ページの検索エンジンのクロール依頼」「リンクされているページ・リンク数」など、SEOに大切な機能が提供されていますので、ぜひ活用して行きましょう。

以上が、SSL対応に不可欠なる手順となります。

ここまで終了しましたら、

  • 社内で運用している他サイトからのリンクURL
  • 「検索サイト」などに登録しているURL
  • グーグルマイビジネス登録のURL

などもきっちり変えて行きましょう。SEO効果が上がります。

ホームページのリニューアル・新規作成

SSL対応を行うタイミングで、
ホームページをリニューアルすることを検討しても良いと思います。

SEOに影響を与えるのは、https化だけではありません。

  • スマホ対応・モバイルユーザビリティー
    SEOに強いスマホ対応方法は、Googleが推奨する「レスポンシブデザイン」を採用することです。
  • CMS(自分のパソコンから編集できる機能)
    自社で、かんたんに更新したり、ページを追加したりすることができる「CMS」は、
    コンテンツSEOなどで集客し成果を上げるために不可欠となっています。

・・・など、時代の変化の中で、
SEO・集客に強いホームページ制作に必要な内容は、大きく変化しています。

こうしたことを考えながら、ウェブマーケティング戦略を立て、ホームページリニューアル計画を作って行きましょう。

ホームページリニューアル時に行うSSL対応の内容は
「http から https への変更」の1.~4. と同じ内容となります。

ホームページを新規で作成する場合も、
時代が要請している

  • SSL対応(https化)
  • レスポンシブデザイン
  • CMS
  • コンテンツを中心としたSEO

などに対応するホームページ制作業者を探し、戦略を立て、集客に強いホームページを作ってください。

WEB新時代へ

関連ページ