レスポンシブデザイン制作style > レスポンシブデザインとは?

レスポンシブデザイン

レスポンシブwebデザイン



どんな端末でも。


レスポンシブデザインとは?

最先端のスマホ対応

レスポンシブデザインは、スマートフォン、ガラケー、タブレット、パソコンをはじめ
あらゆる端末に自動で対応してしまう最先端のウェブデザインです。

これからモバイル中心の時代が始まりますので、ホームページのモバイル対応(スマホ対応)は不可欠ですが、
とくにレスポンシブデザインは、これからの時代に対応する最先端デザインとして注目されています。

1つのファイルですべての端末に対応

いわゆるモバイル対応・スマホ対応には、大きく分けて2つの方法があります。

一つ目は、スマホサイトスマホ用のファイルを別に作成する方法。
もう一つは、レスポンシブデザインです。

この2つの違いは、
「2つのファイル(サイト)」を作成するのか、「1つのファイル」ですべてに対応させるのか、です。

「2つのファイル(サイト)」を作成する場合、
閲覧者がリンクしたりシェアしたりするときに混乱しやすいですし、
検索エンジンも同様の混乱が起こりやすいのです。

一方、レスポンシブデザインなら
一つのファイル(サイト)で、あらゆる端末に自動で対応してしまいますので、
閲覧者が見やすく、シェアしやすく、しかも検索エンジンの評価も高まります。

端末の幅に合わせて、自動変換

レスポンシブデザインは、端末の横幅に合わせて、デザインを自動で変化させる仕組みを持ったデザインです。

もし今、このページをパソコンで見ているなら、ブラウザの横にカーソルを合わせてドラッグして、少しづつ「横幅を狭めて」みてください。

デザイン配置が変化するのがわかると思います。

これがレスポンシブデザインです。
イメージとしては、図のようになります。

レスポンシブデザインのイメージ


レスポンシブデザインの大きなメリット

スマホ対応・モバイル対応が不可欠の時代

まず、これからインターネットの中心が「モバイル」になることを強く認識しておく必要があります。

シスコシステムズ社の予測によれば、今後5年で、モバイルの通信量は、なんと10倍になる、とのこと。

グーグル調査でも、サイトの閲覧は、「パソコンからよりも、モバイルからのほうが多い」状況が既に確認されていて、
これからは「8割がモバイルからの閲覧」という時代になろうとしています。

そうです。
パソコン専用サイトでは、ビジネスにならない時代が目の前に(すでに)あるのです。

スマホ、モバイルがネットの中心に

検索順位の大変動

グーグルはすでに、モバイル対応をしていないサイトの検索順位を「下げて行く」ことを発表しています。

この順位の入れ替えは、これから本格的に始まります。

つまり、レスポンシブデザインなどによるスマホ対応を怠ると、
スマホユーザーからは見えにくくて相手にされなくなるだけでなく、
検索順位も大幅に下げられてしまうのです。

スマホ対応と検索順位

グーグルは、レスポンシブデザインを強く推奨

では、モバイル対応はどのように行えばよいでしょうか?

グーグルは、
モバイル用のサイトをつくるのではなく、
「レスポンシブデザインを採用することを強く推奨」
しています。

グーグルがレスポンシブデザインを推奨する理由は、右に示しましたが、
なにより、これからのインターネットや機器の未来を考えたときに、「従来型のスマホ対応サイト作成」ではなく、「レスポンシブデザイン」が不可欠、との判断があります。

さらに言うと、
グーグルは、検索エンジンのシェアの90%を握っています
(Yahoo!もグーグルの検索エンジンを使用)ので、
私たちがネットからの集客の戦略を立てるときに、その意味は「きわめて大きい」のです。

Googleが
レスポンシブデザインを推奨する理由

  • ユーザーが共有しやすい。
  • ユーザーがリンクしやすい。
  • 検索エンジンが把握しやすく、正確。
  • 相互リンクスパムなどのミスが防げる。
  • 読み込み時間が短い。
  • エラーが発生しにくい。
  • インデックス登録が早い。

レスポンシブデザインで売上アップ

レスポンシブデザインの大きな魅力の一つが、
どの端末からでも「見やすい。読みやすい。」こと。

その結果、ユーザー・閲覧者にアピールしやすく、
問合わせ率、売上率、リピート率などに好影響を与えます。

レスポンシブデザインで、ビジネスを拡大して行きましょう。

レスポンシブデザインで
期待できること

  • 閲覧時間が長くなる。
  • 閲覧ページ数が多くなる。
  • 検索順位が上がりやすくなる。
  • 売上・リピート率の向上。

レスポンシブへの大きな流れが生まれている!

すでに、多くの大企業もレスポンシブデザインへの転換を始めています。

公式サイトだけを見ても、

アップル、
マイクロソフト、
IBM、
ウォルマート(世界1位の小売業企業)、
ルイビトン、
シャネル、
ブルガリ・・・
などなど、多くのトップ企業が、レスポンシブデザインを採用しています。

今、あなたのホームページを、レスポンシブデザインにすることで、
あなたのビジネス(会社)は
時代の最先端に立ち、優位な位置に立つことができます。

世界のトップ企業がレスポンシブデザインを採用

多くのトップ企業が公式サイトにレスポンシブデザインを採用



レスポンシブデザインのデメリット

レスポンシブデザインにデメリットはないのでしょうか?

主に、3つのデメリットがあります。

  • 制作するのが大変
    これは、制作業者にとってのデメリットです。
    パソコン専用サイトより工数がかかるため、作業が大変になります。
  • 制作業者が少ない
    レスポンシブデザインは従来と違う制作方式であるため、
    国内で制作できる業者が非常に少ないのが現状です。
  • 制作費用が高い
    レスポンシブデザインは制作に手間がかかるため、制作費が非常に「高い」場合が多いです。

つまり、これらのデメリットは、「制作業者サイド」での問題、ということです。

時代の流れは確実にレスポンシブデザインに向かっているにもかかわらず、
国内でほとんど導入されていない理由がここにあります。

逆に言えば、
だからこそ「今、レスポンシブデザインを導入するメリットは、とてつもなく大きい」
と言えるのです。

メリットがあるにもかかわらず、
ほとんど導入されていないわけですから、
ライバルに大きな差をつけるチャンスでもあるわけです。


レスポンシブデザインで、ビジネスの成功を!

インターネットから集客し、ビジネスを飛躍させるために
レスポンシブデザインが必須の時代が始まろうとしています。

レスポンシブデザインは、

  • 検索エンジンの評価が高い
  • シェアしやすく、SNS時代に強い
  • どの端末からでも見やすいため、売上アップにつながる

など、大きな効果をもたらします。

レスポンシブwebデザイン





レスポンシブデザイン

ホームページ制作style

成功へ!




まずは↓をお読みください。

↓資料請求は↓